吉川浩之

Mon, 18 May 2020 17:43:38 JST (126d)
Top > 吉川浩之

吉川浩之(よしかわひろゆき)は、駿台予備学校数学科講師。

経歴

授業

  • 授業は結構丁寧で、別解も〈注〉で簡単に書くのではなく、ちゃんとした解答として板書してくれる。
    • そのため雑談等は一切しないが、進むペースはゆっくり。
  • 公式1つについても派生させて多面的な見方を示してくれることが多い。
    • 師の授業を吸収すれば対応力が格段に上がるだろう。
    • 「ウーン、中々ペースが上がらないですがっ。」
  • 指し棒を使う時は何故か体を傾ける。
  • 早口で滑舌が悪いので、聞き取りにくいことも多い。
  • よく「スゥー」と息を吸っている。また、「ウーン」とも言っている。
  • 板書は汚く、とにかく一画一画が荒い。
  • TAではどんなことを聞いても丁寧に答えてくださるが、予習をしないで生徒の目線に立って初見で問題を解こうとするため文系数学の問題が解けないことも。

担当授業

通期

2019年度

《出講表》

曜日校舎
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日大阪校
金曜日京都校
土曜日豊中校

《担当授業》

春期講習

夏期講習

冬期講習

直前講習

直前Ⅰ期

直前Ⅱ期

人物

  • 大学卒業後すぐに講師になり、30年以上駿台に勤めるベテラン。
  • 某府立高校の非常勤講師をしていたこともある。
  • 多くの模試やテキストの作成に携わっている。
    • 駿台のテキストは質が良いとしながらも、余裕があれば別の問題集もやった方が良いとおっしゃっている。
  • 優しそう。B級映画に出て来る田舎のお父さんのような外見。というか、あの顔で悪い人はいないだろう。
  • 駿台数学科にしては珍しく"sin"、"cos"、"tan"を筆記体で書く。
  • センター試験過去問集/対策などの本を出版している。
  • 参考として授業中にテキスト問題の類題を紹介したが、その問題が全国模試で大問丸ごと出ていたことがあった。
    • 地味にテスト範囲を教えてくれていたので、本当に優しいのかもしれない。
  • 数学科杉山義明先生と講師室で仲良く話す姿をたびたび目撃する。
    • 但し、その時の椅子の座り方は非常に悪い。

著作

学習参考書