医系英語

Sat, 04 Jul 2020 12:09:18 JST (514d)
Top > 医系英語

設置校舎

テキストについて

  • 作成者は齋藤英之師(春期)、船岡富有子師(夏期、冬期)。(前任は太庸吉師)
    テキストはほぼ全ての問題が、前年度の医学部医学科の入試問題により構成されている。
  • テキストには付録で医系記事が多く載っており、医学部特有の語彙習得に便宜を図っている。

授業について

  • 対象は、全国模試偏差値55以上(ほんとは60以上は欲しい)の生徒とのこと。基本的に高3Sαと高卒スーパーの上位クラスの生徒向けの講座である。
  • 夏期の段階から、単科医大や慶應医学部の問題が並び、難易度は旧帝大レベルよりもずっと難しい。
    • 高3Sα医系英語や英語入試問題研究NMよりも難しい問題が大半である。
  • 医学部入試であっても、普通の学部の入試英語と大きく異なる点はそれほど多くない(語彙は一部特徴的だが、医系の単語帳で事足り、講習で学ぶ意義はない)し、上述のようにこの講座はある程度偏差値がある生徒でなければ、ついていくのは難しい。そのため、講師に拘らないのであればスーパー英語等を検討したほうがよいかもしれない。

船岡富有子
お茶の水校(夏期のみ)、市谷校舎、横浜校、オンデマンド(夏期、冬期のみ)を担当。

齋藤英之
お茶の水校(春期、夏期のみ)、市谷校舎(夏期、冬期のみ)、池袋校(夏期のみ)、オンデマンド(春期のみ)を担当。

  • 通期の授業のダイジェスト版である。(特に夏期)
    • それゆえ初日は問題を扱わず、テキストも半分くらいしか終わらない。
    • 2018年度冬期講習の市谷校舎では全範囲終了した。自由英作文は書き方の説明のみをし、希望者のみ提出。
  • 普段配られないものも含めて7枚近くのヒデプリがもらえる。

佐山竹彦
市谷校舎、千葉校を担当。

  • 時間が足りないため、自由英作文は希望者のみ師に提出する方式を取っている。
  • 久山プリントの様な全ての構文記号を振ったプリントが毎回配られる。久山信者は、ほとんど板書をしない船岡師と比べると抵抗なく受けられるだろう。

山口裕介
大宮校、仙台校を担当。

  • 仙台校は2018年度まで木村浩司師が担当していた。
  • 大宮校は2019年度まで齋藤英之師が担当していた。